悩みの解決方法だけでなく治療方法の特徴を知る

サイトメニュー

自律神経を安定させる

困っている人

費用や知っておくとよい情報とは何か

うつ病は現代人にとって非常に大きな病気の一つになります。この病気にかかってしまうと、なかなか治し方がわからないため最終的に悪化してしまう可能性もあるでしょう。それだけでなく、本人がうつ病であることに気がついていないことも多いため、気がついたときにはひどい状態になっていることもあります。ちなみに、介護をしなければ生活できないようなレベルの人もいることを理解しておきましょう。うつ病にはどのような症状があるかといえば、そのうちの一つは目がおかしいことです。目がおかしいことで、周りがぼやけて見えたり、視界が狭くなったりしてしまうような例も少なくありません。これを防ぐためには、自律神経を整えることが大事になります。そこで、この場合には心療内科などに通ってみると良いでしょう。心療内科では、費用はかかりますがより患者にふさわしい治し方を提案してくれるでしょう。心療内科に通う時の費用ですが、基本的に健康保険に加入していれば保険が適用されて、7割は国家が負担してくれることになります。3割は、自己負担になりますが、それでおおむね\3000前後の治療費になるといってよいでしょう。ただ、薬が出るかどうかによって費用が変わってくる可能性があります。

うつ病で目がおかしい時に知っておいた方がよい情報としては、傷病手当金がもらえることです。傷病手当金は、長期的に会社を休むなどの条件が必要になります。傷病手当金をもらう時には、少なくとも厚生年金に加入していることが重要になります。この年金に加入していることで、始めて受給できる条件が整うといえます。アルバイトなどの場合には、厚生年金に加入していないため傷病手当金をもらうことはできないでしょう。仮にうつ病で目がおかしい状態が続き仕事に行けなかった場合でも同様になります。では、どれぐらいのお金をもらうことができるかといえば、人によって違いがありますが給料の2/3と定められています。そのため、たくさんの給料もらっていればその分だけたくさんのお金をもらうことができます。このように考えれば、非常に魅力的なのは傷病手当金ですが、いつまでももらい続けることはできません。例えば、うつ病で2年間会社を休んでいる場合でも、最大で1年半までしかもらうことが出来ないのが特徴です。そのため、その時間以内にうつ病を治しておくことが必要になるでしょう。なお、これを申請する場合には会社に行かなければいけません。会社の総務課などに行き申請をするべきです。